ワキをレーザー脱毛するとワキガも治るって本当?

ワキをレーザー脱毛するとワキガも治るって本当?
どんな脱毛方法であれ、脇の毛がなくなればワキガのニオイは軽減されるそうです。

 

脱毛福岡市,脇

ワキガのニオイの元は、脇の皮の下にあるアポクリン汗腺からの分泌液です。それが脇の毛を伝わって表皮に出てくると、汗や空気中の雑菌やワキの細菌と混じりあって臭いをつくります。この臭いはフェロモンといって、異性をひきつける匂いでもあります。

 

人間の体ってちょっと不思議で、ワキの毛は、その臭いを出やすくする上に、ニオイを温存させるという働きをしています。
逆に言えば、脇の毛をなくすと、この機能がうまく働かず、ニオイが減ることになるんだそう。

 

しかし、臭いの製造工場であるアポクリン汗腺そのものは、脱毛してもケアなの奥に残っているわけです。
ですから、たとえ永久脱毛して毛が1本も生えてこなくなったとしても、根本的にワキガが治ったわけではありません。

 

ただ、臭いが軽減する可能性が非常に高いという風に思って大丈夫だそうです。

 

ワキの無駄毛はレーザー脱毛で1年ぐらいの間に5〜6回照射すればほとんど脱毛できます。

 

私も体験してわかったんですが、光脱毛をした後は毛穴が引き締まり、ツルツルの肌の状態になります。

 

もともと日本人の場合、白人と比べてワキガのある人はとても少ないそうです。
自分がワキガだと思い込んでいる人も多いそうです。脇の無駄毛を短期間で脱毛することによって、ワキのニオイがぜんぜん気にならなくなったという人も数多くいるそう。

 

ワキガを気にしている方は、ワキの脱毛をするときに医師やエステティシャンに相談するといいですよ!

 

また、すでに部分脱毛したけど、やっぱりワキのニオイが気になるという場合は手術という方法もありますので、皮膚科や美容外科などのクリニックに相談してみましょう^^